馬渕教室と類塾の「合格実績の水増し」が問題になっていますが…

さて、今日は珍しく時事ネタです。

「馬渕教室」と「類塾」の合格者数の水増し問題は、
きっと先生も、すでにニュースをご覧になったでしょう。

以前から、たびたび対立していた両塾。

毎年のように合格者数を競い合っていますが、
今回の問題は、3月頃からすでにネット上で話題になっていました。


この問題の争点は、

難関私立校である「K高校」の合格者数が、
両塾の発表した合格者の数を足してもあわないこと。


「どちらかの塾が、合格者数を水増ししたのではないか?」

と、疑惑をかけられているのです。

Yahoo!ニュースの記事

Yahoo!ニュースの記事


K高校は、大阪市長である橋下徹氏の母校であることからも、
メディアとしては、取り上げやすいネタだったのでしょう。


このニュースに対し、ネット上では、

「両方に通塾している生徒もいるでしょ?」
「その数で、あわないだけじゃないの?」


こういう声も多く聞かれます。

事実、科目選択制度もありますし、可能性としてはあるかもしれません。

しかし、私がこの記事を読んで興味をもったのは、
「どちらの塾が正しいか」ということではないのです。



先生にも、心当たりがありませんか?


ある休日の朝。

コーヒーを片手に新聞を広げたところ。

折り込まれたチラシに目をやると、そこには、近くのライバル塾のチラシ。


そこに書かれている内容を読み、先生は、怒りに近い感情を覚えます。

「●●高校の合格実績なら、当塾が一番です!」
「●●高校受験なら、当塾にお任せください!」


臆面もなく並べられた、ライバル塾の自画自賛の言葉。


当然、書かれた内容をそのまま信用する保護者は少数です。

「こんな文章ばかり垂れ流されたのでは、読まされる方はたまったものではない…」

先生は、チラシをクシャクシャに丸め、ゴミ箱へ投げ捨てます。

そのとき、先生の頭をふとよぎったことは…



なぜ、合格実績ばかりを大きく書き立てるのか?


先生も、こう思ったことがあるでしょう。

大手塾から、小さな個人塾まで。

なぜ、こんなにも合格実績ばかりを大きく書き立てるのか?


結論から申し上げると、その理由は、
「ターゲットである保護者が、合格実績でしか塾を選べないこと」

それが最大の原因です。


要するに、塾側が合格実績で選ぶことを許した結果。

先生のライバル塾も、なりふり構わず合格者数を強調するようなったのです。


すべては、「合格実績が少ないと、生徒募集が難しくなるから」

つまり、常に「1番」の合格者数を出し続けなければ選んでもらえない…。

2番では、まったく意味がないのです。

これは、効果的な集客をおこなう上で、ある意味事実でもあります。

※ 1番にならないといけない理由は、こちらの記事をご参照ください。
> クチコミで集客できる塾になる「13の方法」



では、合格実績がすべてなのか?


一部の進学塾では、合格実績を増やすため、さまざまな手を使っています。

優秀な生徒に対し、月謝を大幅割引(または全額免除)する、
「特待制度」もその一つでしょう。

また、能力の高い生徒に対しては、
難関校を受験するように、塾が誘導することもあるといいます。


なぜ、このようなことがおこなわれるのか?

それは、難関私立校の受験指導をおこなう進学塾は、
「合格実績の数」が塾経営の生命線になっているから。


1番を取り続けることで、塾が「ブランド化」され、
毎年、安定した数の生徒が集まるようになるのです。


でも、考えてみてください。

合格実績の数をアピールしようと思うなら、当然、
教室数の多いFC塾ほど、難関校の合格実績は多くなりますよね。


これは、教室数が多いのだから当然のことではないでしょうか。



こんなものに、どれだけ信ぴょう性があるのか?


先生も、そう思いませんか?

現在、合格者数の水増しがまかり通っていますが、
こんなものに、どれだけの信ぴょう性があるのでしょうか?


優秀な生徒、すなわち、難関校にも合格できる生徒を集めている塾なら、
難関校の合格者数が多くて当たり前ですよね。

カンタンに合格者数を増やせて当然です。

事実、優秀な生徒を選ぶために、入塾試験をしているところも多くあります。


では、そこに先生の指導力は、どれだけ影響しているでしょうか?

私は、難関校への合格者数と先生の指導力は、まったく関係ないと考えています。



合格実績を出さないことも、またブランドになる


先生は、こう考えたことがありますか?


これは、そもそも「保護者が塾に通わせる目的」を考えるとわかります。

保護者が、子どもを通塾させる主な理由は、

・クラスの授業についていけるようにするため
・学校で1番を目指すため
・受験に向けて偏差値を上げるため
・学習の習慣を身につけるため
・まわりの子どもたちが通っているから
・学校の授業だけでは足りないから


などなど。

なにも、難関校へ合格させるだけではないのです。


ならば、そのニーズに特化させた塾になれば、
合格実績1番と同じ、もしくはそれ以上の価値を提供できますよね。


事実、成績の悪い生徒を専門にした塾が、
大勢の生徒の集客に成功した事例などは、いくつもあります。


先生の塾が選ばれる理由は、何ですか?


もし、この質問にすぐ答えられたなら?

先生の塾が集客に困ることは、絶対にありません。


先生のターゲットの9割は、

「塾の数が多すぎる…」
「何を基準に塾を選べばいいのかわからない」


と、悩んでいるのです。

大事なことなのでくり返しますが、

ターゲットであるお父さん、お母さんたちは、
「塾の数が多過ぎて、子どもにベストな塾が選べない」のです。


難関校への合格実績は、選ぶ理由の一つでしかありません。

ぜひ、先生の塾も「保護者に選ばれる理由」を探しだしてください。

それが、生徒募集の悩みを解決する一番の近道になるのです。

それでは、またお会いしましょう。