生徒募集に成功したい先生へ

001


「そんなバカな!」と思われたならば、論より証拠です。
弊社にチラシ制作を依頼した塾長の実績と、感想文をご覧ください



ポスティング3,150枚で反響17件!

「自立指導進学塾プロフェッショナル」さまのケース

沖先生 感想

以前から自分なりにいろいろとチラシについて勉強を重ね、デザインや構成・キャッチコピー等全てオリジナルのチラシを作成し配布しておりましたが、思うような成果が出ていなかったのが現状でした。4月にたまたまインターネットで大橋様のブログを見つけて、「やはり本物のプロの方にチラシをお任せした方が良いのでは?」と思うようになり、夏期の新期塾生獲得に向けて覚悟を決めて大橋様にお願いすることにしました。完成したチラシを実際に手に取ると、訴求ポイントがわかりやすくかつ的確に表現され、また、文字の色やちょっとした言い回しにもプロならではの細かな気配りが感じられました。チラシができ上がってからはポスティング作業に向けてせっせとチラシを折り込み、日が昇ると暑くなるので、表札が読み取れる午前4時過ぎぐらいからポスティング開始、という日々を重ねました。実は当初「問い合わせが5件あれば御の字だが、どうせ2~3件ぐらいだろう」と高をくくっていました。脳に汗をかいて作ったチラシでも、今まで夏期はせいぜい3件ほどしか問い合わせがなかったからです。しかし今回は違いました。17件の問い合わせがあり、そのうち10人がテスト対策特別講座を受講し、最終的には8人もの新しい進プロ生が誕生しました。これだけの反響があり、当初の目標の5名を上回る8名の新規生を獲得できたのは、間違いなくチラシのクオリティの高さのおかげです。これまでも読み手のベネフィットを考えたチラシを作ってきたつもりでしたが、自分一人ではひねり出せなかった表現やアイデアが盛り込まれたチラシを丁寧にポスティングした結果、開校以来続いていた苦境から脱出できるきっかけを掴むことができました。妙な言い方ですが、大橋様にチラシを依頼する場合、作成費用は決して安いとは感じられない額です。上記の文面にもありましたが、私の場合、ほとんど手持ちがなく、まさに「覚悟を決めて」チラシの作成を依頼しました。そのため1枚も無駄にしないように該当校区のポスト全件を回りました。テスト対策もきっちりと行ったため6月の3分の2は3時間睡眠でしたが、今となっては良き思い出です。3月にそれまで加盟していたFC塾を脱退してからはホームページを持っていなかったのですが、近いうちにホームページの作成も依頼する予定です。これまた安価な金額ではありませんが(笑)費用をかけた分の見返りがあることは今回のチラシの件で経験したのでなんら不安はありません。集客に苦労されている先生は是非とも一度大橋様に相談してみて下さい。返金保証もついているのでためらう理由も見当たりません。きっと現状をガラリと一変させてくれる、素晴らしいチラシを作成してくれることでしょう。




反響率19倍アップ!計20名の集客に成功

「S-Liveしずおか函南校」さまのケース

相原先生 感想文_S-Liveしずおか函南校


生徒が集まり過ぎて、
2回目のチラシ配布をキャンセル!


「名秀館ゼミナール」さまのケース

名畑先生

お世話になっております。この度は当教室の販促活動にご協力頂き誠に有難うございました。今回の経緯と結果を記し、大橋様と共有させて頂きたく思います。当教室は個人経営の小規模塾です。中学生が20名も集まれば十分です。しかしながら、私の想いと当教室の存在意義を伝えることに苦戦をしていました。口コミや紹介で何とか教室を維持できていたものの、このままでは危険だと常に感じていたのです。そしてまた新年度を迎えました。今年は何かがおかしい…。いつもなら鳴ってもよい電話が鳴らないのです。何か手を打たないと大変なことになると予感し、ネット検索で辿り着いたのが大橋様でした。チラシの時代は終わったと言われる昨今、私もそう思っていた一人でした。昨秋に教室名を変更したにも関わらず、地域の方々へのご挨拶(告知)ができていなかったこともあり、思い切ってチラシを配布することにしました。プロのライターに託すことで、この嫌な閉塞感を打破できるのではと期待しておりました。今回、大橋様に制作を依頼し、本当に良かったと思っています。チラシはポスティング用に21,000部、新聞折込みで4,000部、合わせて25,000部を用意しました。およそ8,000部ずつを3回(3週間)配布する予定でした。そして配布初日の夕方に信じられないことが起こりました。そう、電話が鳴り止まないのです!! あっと言う間に受入れ可能人数をオーバーしてしまいました。急遽2回目以降の配布を中止し、用意したチラシは廃棄という選択をせざるを得ませんでした。翌日にも、さらには翌週にも電話がありましたが、事情を説明し、ご希望をお伺いしてキャンセル待ちのかたちにして頂きました。これまで市場の流れに任せていたものを、市場の流れに則した適切な表現と、大胆な集客手法を提案して頂きました。お陰様で一度に8名の生徒に入塾して頂くことができました。私が一番気に入ったのは、破格に設定した費用(500円)を「生徒のお小遣いで支払ってもらう」というストーリーです。生徒に\500と書かれた月謝袋を渡す時、「自分の小遣いからね。」と必ず声を掛けました。頂いた500円の実際の出所は解りませんが、こういうコミュニケーションも大切だと思います。もう一度整理します。およそ8,000部のチラシに対し、問い合わせが12件、そこから体験入塾が11名、そして正式な入塾が8名という結果になりました。後で話を聞いてみると、何名かは他塾にも体験に行っていたそうです。それでも最後に当教室を選んで頂いたことを誇りに思います。想いはかたちにしないと伝わりませんし、適切なかたちがあることも学ばせて頂きました。大橋様、今回を機に今後とも宜しくお願い致します。




立地が悪く、生徒が集まらなかったのに、
中1、中2の集客に2回連続成功!

「井手進学塾」さまのケース

井手先生 井手進学塾_感想文

私がインターネットで大橋様のコラムをみつけたのは、9月の夏期講座で中学3年生はチラホラ入ってきたものの、中学1年生と2年生は1人ずつしかおらず、これからのことを考えると絶望的な心境になっているときでした。どちらかというと私も疑い深い方で、何でもうのみにする方ではないのですが、大橋様の文章は1つ1つ説得力が強く、私の心の中に訴えてくるものがあり、こういう方がつくるチラシとプロでない自分が自分なりに考えてつくるチラシには雲泥の差があるのだろうと思い、応募するときには、地方のこんな小さな塾を相手にしてもらえるのだろうかと、かなり不安でしたが、そんなことも言ってられず思い切って応募してみて、作成を引き受けてもらえて、本当によかったです。今までインターネットで印刷屋さんを探してチラシをつくっていたのですが、デザインから頼んだとしても、しょせんこちらのかいたラフ画にチョコチョコと色をつけたりする程度で、何も提案もしてくれず、まあそんなもんだろうなと思いながらも、さみしい気がしていました。今回、大橋様に依頼して、色々と提案やアドバイスを頂き、本当にうれしかったです。私自身多くのことが学べました。結果は上々です。特に、本当に私どもの塾は(大橋様をだましていることになるんじゃないかと心配するぐらい)地方で、さらに人口密集地から離れた所にあり近くに大きな中学校もないので、そのことを考えると奇跡的な数字だと思います。また、今まではチラシで多少反響があっても中3生からの問い合わせばかりで、正直、また3年生かと思うことが多かったのですが、今回は当たり前のように中1、中2生からの問い合わせばかりがきましたので、まるで魔法にでもかけられているように感じました。また、特に感謝したいのが、チラシ作成のためのヒアリングシート作成によって、私自身が自身の甘さを自覚し、成長につなげられたということです。塾の当初のコンセプトや現時点での問題や目標を分析し、過去の数字を探し出してまとめるという作業は、ものすごく充実感をもってとりくむことのできるものでした。冬期講座のとき、ひどいクレーマーにあたってしまい、1時間半くらい正直言ってまったく訳のわからない文句を聞かされ続けたことがありましたが、ヒアリングシート作成で塾のコンセプトや目標を再確認していたおかげで、キゼンとした態度で対応を続けることができました。また、私がしっかりしてきた分、バイトの若い子達もしっかりしてきたような気がします(こういうのは本当にあると思います)。このように、実際のチラシの反響だけでなく、数多く副次的な効果も頂いております。今まで私どもの塾のホームページのアクセス数は1週間に1件あるかどうか、チラシを入れたときでもあまり反応なしという状況でしたが、今回のチラシは配布期間、講座期間が終わっても効果が続いているようで、1日3件以上のアクセスが続いています。認知度が上がるとはこういうことなのかと思いました。次回のチラシを入れるときの反響が楽しみですし、また私どもの塾は先生に1:1のマンツーマン指導をつらぬいているので、人材確保が大変なのですが、求人に必ずいい効果がでると確信しています。それでは、いろいろとありがとうございます。今後とも、よろしくお願いします。




問い合わせが多すぎて講師が不足することに!

「個別指導ユニワン」さまのケース

竹田先生

大橋様にチラシを作成していただき、得られた成果は沢山ありました。「問合せが増えた」「自分でチラシを作らなくて済んだ」「効果的な配布時期なども教えていただいた」しかし、最も大きな成果は、塾の理念や想いをシンプルにわかりやすくチラシに入れていただいた事です。お陰様で、大変ご好評をいただき、「チラシを隅々まで読みました」「HPのコラムも読みました」「自分で“学ぶチカラ”って大切ですよね」と、塾の理念や方針をわかっていただいた上でお問い合わせをいただいたケースが数多くありました。もちろん中には、「塾に入るつもりはないけれど、今回のお得な講座だけは受けたい」というお問合せもありましたが、真面目に塾を探している方にとっては、とても良い体験講座となったと思います。テスト対策講座後に話を伺ったところ、「今まで70点台が最高だったのに、90点を越えました」「英語で20点アップしました」「嫌いな暗記も、覚え方のコツを知ったので家でもやるようになりました」「学校の授業で全くわからなかった理科で80点取れました」「はじめて塾に自習に行くようになりました」など、大変ご好評をいただきました。理念に共感していただき、納得度が高かったからでしょうか。お陰様で、その後たくさんのご紹介を頂きました。ただ一つ、困ったことがあります。それは、その後もお問い合わせが止まらず、講師が不足してしまったことです。「反響が良ければ、次のテスト前にもチラシをまこう」と思っていたのですが、次回は見送ることにしました。サービスには自信があるけれど、チラシ作成やマーケティングはちょっと…、という方におススメです。逆に、サービスに自信がない人は、止めておいた方が良いでしょう。問合せが多くて、クレームばかり生んでしまうかもしれません。大橋様には、大変感謝しております。不明な点への質問や、修正にも辛抱強く丁寧に対応していただきました。本当に、ありがとうございました。




反響0件のチラシが、16件に!

「早稲田個別指導学院」さまのケース

voice_01 img04

私と大橋様との出会いは、一本の何気ないセールスメールでした。そのメールを読んで、大橋様のDVDを購入し、コピーライティングのことについて学び、自分なりに実践してみようと思っていた矢先のことですが、限定3塾に成功保証付きの企画が提案されました。私は早速エントリーし大橋様とご縁をもつことができたのです。どこにでもころがっているような話ですが、このとき私は27年の塾経営をふりかえり、生徒募集、特にチラシ広告ではこれといった成功事例がなかったことに気づき、一度専門家の言いなりになってチラシを作ってもらおうと考えました。私は一切の意見を言わず、作成に必要な数多くの質問に正直に答えました。そしてできあがった広告は、私の塾経営27年間の思いが凝縮された内容に驚かされ、かつ、生徒募集のターゲットが絞りこまれたすばらしいチラシでした。この時点ではまだ感動しかなく、大切なのは反響があるかどうかでしたが、その結果は大反響を得ることができました。1万枚のチラシを3回折り込みまして、問い合わせ16件、体験12名、入塾9名という成果がありました。今回の件で、凝り固まった発想から脱却し、専門家による新鮮な発想を信じ実行できたことを喜ぶと共に、大橋様に感謝申し上げます。




頭打ちだったチラシの効果が3倍に!

「個別学習のセルモ 亀岡大井教室」さまのケース

中川先生

「プロの技に驚かされました」
私が大橋先生のことを知ったのは、進プロ沖先生の紹介です。大阪の激戦区で生徒募集に苦心しておられた沖先生が、大橋先生のチラシを使って大躍進!1回のテスト対策講座に10名近い新規生を獲得され、「大橋先生のチラシはスゴイ!やはりプロは違うね!」の一言に私も心を奪われました。当塾のチラシはこれまで、友人のデザイナーに頼んで、毎回8,000枚の折込に対して1~2件の問い合わせがあれば御の字、問い合わせ0件の時も多々ありました。デザイナーの作成したチラシだけあって、いつも奇麗でカラフルなチラシ。印象と内容も他塾に引けを取らない、いや、それ以上!といつも自負していたにも関わらず、反響はナシ…。「もう折込チラシで生徒募集する時代じゃないのかも!?これからはWEBや生徒紹介で新規生を獲得しなければ・・・」と考えていた時期でした。そして今月、さっそく大橋先生にお願いして作っていただいたチラシで募集をかけたところ・・・なんと!わずか8,000枚の折込でも、4件の申込が!チラシ自体は決してカラフルでなく、どちらかというと地味。(大橋先生、スミマセン…笑)しかし効果は3倍!やはり素人では分からない、顧客心理に基づいたキャッチコピーや文字の配列・配色等、プロの技が随所に散りばめられたチラシに、驚きを隠せない状況です。もう他のデザイナーやチラシ業者には頼めません。大橋先生、次回もよろしくお願いします!(笑)




反響1件だったチラシが、13件に!

「スコーレアップ」さまのケース

voice_02 img07

これまで私の塾では3月~4月に入会する生徒は、ほとんどいませんでした。ですが、今回のチラシには13件のお問合せがあり、春期講習会やその後の入会もお申込みいただけました。このようなことは、今までなかったことだと思います。今回、チラシをお願いしたのは大成功だったと思います。「もっと早く大橋さんを知っていて、お願いしていたらな~」という気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。生徒募集をさぼっていたわけではないのですが、チラシひとつで、ここまで変わるなんて予想もできませんでした。できるだけ早く、生徒数を以前の人数まで取り戻したいと思います。今後も、大橋さんにお世話になると思います。よろしくお願いいたします。




入塾11名!その内6名が中学1年生!

「関塾羽曳野北進学教室」さまのケース

中瀬先生 感想文_関塾羽曳野北進学教室

お世話になります。この度は、チラシ作成をしていただきありがとうございました。中間テスト対策講座は大成功で終えることが出来ました。新年度の募集が終わり、すこし落ちついたこの5月の時期にチラシを入れたのは初めてでした。正直、あまり反響はないのではと思っていましたが、うれしい方に当てが外れて、答い合わせが13件で11件の申し込みを得られました。その内の半数が中1生でした。新年度募集では新中1生の反応が鈍く、中1生が動き出すのは夏以降かなと思っていた所が、6名も申し込みがありびっくりしています。あきらかにチラシの効果です。今回、チラシの作成を依頼して本当に良かったと思います。作っていただいたチラシは、すみずみまで計算されたもので、私が今迄に気づかなかったアイデアがいっぱいでした。勉強になりました。これからもお世話になりたいと思いますので、今後とも、どうぞよろしくお願い致します。




チラシ配布後すぐに問い合わせ12件!
その後も1ヶ月以上問い合わせが継続!

「泉キャンパス」さまのケース

佐藤先生

大橋さんのサポートにより、9月に初めての企画(500円で50点アップ)を実行しました。これまで9月のチラシは考えたことがありませんでしたので不安でしたが、大橋さんのアドバイスで実行してみました。チラシを出した当日は4件の問い合わせがあり、1週間以内に12件の問い合わせがありました。反響が多かったので驚きました。その後も問い合わせが継続し、10月になっても1週間に平均2件の問い合わせがありました。特に、10月の最終の週は5件の問い合わせがあり全員入塾しました。入塾の状況は、小中高生・既卒生・通信制のあらゆるクラスに好影響が出ました。「この金額でここまでやってくれるの!」という生徒・保護者の嬉しい驚きだと思います。そして、9月末に各中学校で行われた中間試験の結果が皆良い結果でした。これまでにない良い結果を出した生徒たちが、生徒を紹介してくれています。10月は紹介による紹介で生徒が増えました。9月から日曜日・祝日も無料の特訓や個別指導して成績を上げているので、生徒・保護者から感謝されています。私の地域は、いわき市の中でも人口が増えており、地価の高騰が全国のニュースにもなりました。そのため、今年だけで4塾が進出してきましたので、危機感を持っていました。しかし、今回の結果で多少危機感が緩和されました。今後も油断せず、大橋さんのアドバイスを受けながら、攻めの塾経営をしていきたいと思っています。今後もご指導の程宜しくお願い致します。



なぜ、彼らは生徒募集に成功したのか?


その理由は、中学生の勉強意欲が、急激に高まる時期にチラシを配布したから。

さらに、この時期を狙って本格的に集客できている塾は、ほとんどありません。つまり、この時期に効果の高いチラシを配布すれば、面白いように問い合わせの電話が鳴り続けます。

はっきり言って、生徒募集シーズンとして一般的な、春期、夏期、冬期よりも良い反応が得られますし、一般的な中学校ならば年5回アプローチでき、中1、中2も集客できます。

もう、先生もお気づきかと思いますが、その時期とは「定期テスト前」です。当然のように、定期テスト前になると、受験が間近ではない中1、中2でさえ、勉強の必要性に駆られ、保護者さまも「我が子を勉強させなければ!」と強く思います。

つまり、定期テスト前は「勉強のニーズ=塾の必要性」が、急激に高まるシーズン。この時期に、魅力的なチラシを配布するのは、お腹を空かせた人へ、肉汁たっぷりのハンバーグを売ることと同じ。砂漠を旅する人へ、キンキンに冷えた水を売るのと同じなのです。



しかし、普通のチラシでは反応は得られません


定期テスト前の集客が効果的なことは、弊社の実績をみても明らかですよね。

ですが、どれだけ集客効果の高いシーズンであっても、これだけ塾の数が増えると、普通の生徒募集チラシでは、保護者から見向きもされません。「また、塾のチラシか…」と思われるだけです。

先生も、ポストに入ったチラシを読むことなく、ゴミ箱へ入れた経験があると思いますが、残念ながら、生徒募集チラシの多くも、同じ末路を辿ります。しかし、以下3つのポイントを満たせば、先生も、定期テスト前の集客シーズンで、確実に生徒募集に成功できます。

【ポイント1】
保護者が思わず電話をしてしまう「お試し講座」を用意すること

マーケティングでは「フロント商品」という考え方があります。わかりやすく言えば、集客用の目玉商品です。今回のお話で言えば、保護者が「これは、気になる!」「我が子を通わせてみたい!」と思ってしまう「魅力的な定期テスト対策講座」のこと。

定期テスト前に、魅力的な定期テスト対策講座を案内すれば、多くの保護者が一瞬でチラシに釘付けとなります。さらに、「急いで電話しなければ損だ!」と、受話器を取り上げます。

【ポイント2】
チラシの配布エリア、配布回数、使用媒体を適切にすること

配布方法がダメだと、どれだけチラシの内容が良くても反応は得られません。これは、魚のいない池で釣り糸を垂らすようなもの。よくあるミスが、配布エリアの設定です。新聞折込もポスティングも、エリアを適切に絞らなければ、お金をドブに捨てるのと同じです。

学習塾は店舗型ビジネスのため、商圏に限りがあります。つまり、先生の塾の場合、どのエリアがもっとも反応が得られるのか?これを明確にし、絞り込まれたターゲットだけに、チラシを集中投下する戦略が欠かせません。もちろん、定期テスト前の、いつ頃から配布するのかも重要です。

5万件の新聞折込1回よりも、絞り込まれた5,000件へ、適切なタイミングでチラシを配布する。これが、最小のコストで、最大の効果を得る秘訣です。

【ポイント3】
他塾との差別化を明確にしたチラシを作ること

「それができれば苦労しない!」と、先生は思ったことでしょう。たしかに、これだけ塾が増えると、他塾との差別化は簡単に思えません。ですが、これまであらゆる業種の広告を800件以上制作してきた弊社からみれば、学習塾の差別化はとても簡単です。

その理由は、差別化するうえで一番シンプルな方法を、ほとんどの塾が実践できていないから。たった5文字を、チラシに入れるだけで、先生の塾は、他塾と明確な差別化が可能になります。この差別化戦略は、定期テスト前の生徒募集だけではなく、春期、夏期、冬期における生徒募集でも、良い結果をもたらすことは、言うまでもありません。



では、具体的に何をどうすればよいのか?


そう思われたなら、ぜひ、弊社へチラシ制作をご相談ください。
今から73日以内に、先生の塾へ、たくさんの生徒を集めてみせます。


「なんで、73日以内なの?」と思われたかもしれませんね。その理由は、次回の定期テスト前に、新たな生徒を集客できるから。学校によりますが、中学生の定期テストは基本的に年5回。つまり、73日に1回のタイミングで、集客できるということ。

次回は11月、12月の2学期期末テストになりますが、弊社へチラシ制作をお任せいただければ、たくさんの生徒を集客できます。他塾が募集を始める前に、まだ塾へ通っていない生徒たちを、ゴッソリと集めませんか?



ただし、誰もがお申込みいただけるわけではありません


反響の高いチラシを作るには、弊社だけでなく、先生も本気でなければなりません。なぜなら、先生の塾ならではの強みを発見するには、「先生からの惜しみない情報提供」が必要となるからです。「お金だけ払うから、あとはよろしく」という姿勢では、反響の高いチラシは作れません。ですから、お申込みは、以下の「5つの基準」を満たしている先生に限定させていただきます。

【基準1】
本気で集客に成功したい、強い気持ちを持っている方

【基準2】
貴塾のポリシー、授業内容、指導スキルに自信と誇りをお持ちの方

【基準3】
折込チラシやポスティング、ネット広告など、既に何かの広告を使って集客した経験があるが、思うような反応が得られなかった方

【基準4】
広告の反響結果をこまめに測定し、そのデータを弊社と共有できる方
※チラシ配布後、週1回程度のご報告をお願いします

【基準5】
広告作成について、必要な情報を惜しみなくご提供いただける方
※メールや電話など、数回に渡る打ち合わせを必要とする場合があります



入稿データの納品について


執筆したチラシ原稿は、印刷用の入稿データまで作成し、納品いたします。納品までの日数は、初回打ち合わせ日より1ヶ月程度。具体的な日程は、打ち合わせ時に決定いたします。

また、納品後の入稿データは、何度でもご自由にお使いいただけます。効果の高いチラシは、反響が落ちるまで、5回でも、10回でも、くり返し高い反響を得続けることができます。塾の場合、お客さんとなる生徒が毎年入れ替わりますから、一度効果の高いチラシを作れば、この先何年でも使いまわせます。



以下の4点をお約束します

【約束1】効果実証済みの生徒募集ノウハウを提供

弊社は、チラシを作るだけの会社ではありません。下記のノウハウも提供いたします。

・集客効果の高い定期テスト対策講座の作り方
・定期テスト対策講座の受講から、通常入塾へ引き上げる方法
・費用対効果の高いチラシ配布プラン

【約束2】結果保証制度

万が一、思うような結果がでなければ、チラシをもう一度、無料で制作いたします。

「結果がでなければ返金します」のような無責任な約束はいたしません。反響広告制作のプロとして、必ず結果をだします。

【約束3】高い費用対効果

弊社が制作する定期テスト対策講座のチラシは、定期テストの度に何度でも使いまわせます。

つまり、一度成功すれば、春期、夏期、冬期だけではなく、定期テストの度に、新規生徒を確保できるのです。一般的な中学校が対象であれば、年5回、同じチラシで集客できます。事実、弊社が作成したチラシを何度も使いまわし、生徒募集に成功している先生は、たくさんいらっしゃいます。(納品後のチラシの修正は10,000円~、修正量により料金は変わります)



受付数には限りがあります


弊社は塾業界以外でも毎月、多数の広告制作依頼を受けております。

少ない月でも10件。多い月であれば、20件~30件以上の広告を制作しています。私を含めた2名のコピーライターでギリギリ対応できている状態ですから、学習塾のチラシ制作案件が、いくらでも対応できるわけではありません。

ですから、クオリティの高い仕事をするためにも、今回のチラシ制作のご依頼は、

2学期期末テストの集客をご希望の方 残り3名

で、受付けを終了させていただきます。仮お申込み後、先着順に選考させていただき、決定いたします。



わたしたちが、先生のチラシを作ります

プロフィール1 時々しかやりませんが、コピーライティングのセミナー講師をしています。去年、今年は、東京で100名、大阪で50名の参加者が集まりました。


集客が難しい学習塾業界で、弊社のチラシ制作ノウハウが注目され、教育業界の有名誌で3ページにわたり取材されました。


プロフィール2

チラシの制作料金は、148,000円(税抜)です。

決して安い買い物ではありませんから、お申し込みするうえで不安なことがありましたら、まずは、気軽にご相談ください。ご相談は当然無料ですし、ご相談いただいたからといってチラシ制作に申し込む義務は一切ありません。

先生の疑問が、すべて解消した上でお申し込みいただく方が、弊社も気持ちよく仕事ができるというものです。ですから、「まずは相談してみたい」とお考えの先生は、こちらの問い合わせフォームからご相談ください。無料で対応させていただきます。

すでに決意が固まっており、チラシ制作のお申し込みを希望される先生は、以下のフォームに必要な情報をご入力いただき「送信」ボタンを押してください。





*は、入力必須項目です。

塾名【必須】(例)塾の集客が第一

代表者名【必須】(例)大橋一慶

お電話番号【必須】(例)0783815364

受電可能なお時間帯(第一希望)【必須】(例)12時~13時

受電可能なお時間帯(第二希望)(例)8時~9時

メールアドレス【必須】(例)info@xxx.com

貴塾のターゲットとなる中学校名【必須】(例)神戸第一中学

集客をご希望する時期【必須】
 2学期期末テスト その他


※お電話でのご相談、お問い合わせは…

株式会社みんなのコピー 大橋一慶(オオハシカズヨシ)
TEL:078-381-5364
平日 9:20~16:20