【チラシデータを入稿する前にもう一度チェック!】もっと反響が得られるキャッチコピーの作り方(まとめ)

これまで、このブログで何度もくり返しお伝えしていること。

それは、集客に成功するチラシを作りたいと思うなら、「キャッチコピー」が一番重要であるということです。今この記事をお読みの先生は、集客においては人一倍勉強されているでしょうから、きっとこのことは良くご理解されていると思います。だからこそ、作り上げたチラシを見直したとき、「このキャッチコピーで、本当に大丈夫だろうか?」と心配になるかもしれません。

今回は、先生が苦労して作り上げたチラシを印刷業者に入稿する前に、もう一度チェックして欲しい、キャッチコピーのポイントをまとめました。これらは、数あるキャッチコピーのテクニックのなかから、「学習塾のチラシに活かせるテクニック」を厳選したものです。

生徒募集に成功したい先生は、ぜひ、リンク先の記事を読んでみてください。

続きが気になるキャッチコピーの書き方

キャッチコピーの役割は「ターゲットの注意を一瞬で掴み取ること」。このことは、すでに先生もよくご存じでしょう。でも実は、この他にもう一つ「大事な役割」があります。それは、いったい何か?この記事をチェックしてみてください。

売れるキャッチコピー【数字でレスポンスアップ】

数字は、視認性が高く、文章のなかでも目立つ存在なので、キャッチコピーに入れると反応が上がりやすくなります。とはいえ、何でもかんでも数字を入れれば良いというものではありません。なぜなら、逆にチラシの反響を下げてしまうこともあるから。この記事では、キャッチコピーに数字を使うときの注意点を「5つ」ご説明しています。

時短訴求でレスポンス2倍!キャッチコピーの書き方

「時短訴求」とは、チラシの読み手の欲求を短時間で叶える訴求のこと。「短い時間で目的を成し遂げたい!」という欲求は、人間が持つ非常に強い欲求なので、キャッチコピーに使うと反響が上がりやすくなります。しかし、時短訴求をキャッチコピーに取り入れるなら「2つ」注意点があります。この記事では、時短訴求をする場合の注意点をわかりやすく解説しています。

売れるキャッチコピーの「4つのルール」と理解に役立つブログ記事まとめ14選

反響の高いキャッチコピーを作るには「あるルール」に従うのが一番簡単です。この記事では、どんなキャッチコピーを作ればいいのか迷ったときに参考になるアイデアがまとめられています。もっと深く学びたい先生は、リンク先にある「参考記事」をクリックしてください。各記事でさらにくわしく解説しています。